19世紀 ベルギーのシャトー 美の幻影 

少し前にブログでご紹介しました「ベルギーのシャトーからの出物の天蓋ベッド飾り」。

実は、我が家でベビーベッドの天蓋として愛用していたカーテンが
天蓋用と分かっていたので、こちらを取り付けてみました。

このサイズの天蓋にぴったりサイズに仕立てられたレースのカーテンも19世紀のもので、
このレースも、ベルギーのとあるお屋敷からの出物だったので、
もし留め付けてしまったら、その素敵さが、美しさが全開になってしまう・・・

と要らぬ心配をしておりました^^

晴れた朝の清清しい光を通して、
まるで妖精が舞い降りたような空間。






















































ご注文ありがとうございます^^



「美しすぎて・・・」というフランス映画がありましたが、
まさに「美しすぎて・・・うっとり ゚・*:.。..。.:*・゚ 」

Deco Belgeサイトに沢山のphotoを掲載しますので、
是非ご覧下さいませね。

19世紀のシャトーの幻影が、そこに浮かび上がる様でございます☆




ルギー・フランスアンティークショップ
Deco Belge(デコ・ベルジュ)
 
Deco Belgeは、暮らしを美しく彩るアンティーク・ブロカントを
毎週フランスから日本へダイレクトにお届けしております。
ウブダシ品もたっぷりございますので、
お宝探しに是非お立ち寄り下さいませね☆



関連記事

  1. J.J Grand…

  2. Creil et Montereau窯 1849~1867年4月3日 …

  3. 末路なき幸せな布~1700年代フランスのシルク織物

  4. フランス ナポレオ…

  5. ロワールのお城より 麗しいシルクの手仕事

  6. クリニャンクール開店準備 1通目

  7. 幸せ運ぶミニョネットに・・・

  8. スタイリッシュなマ…