桃色吐息~アンティークドールのためのドラマティックなドールドレス

「あなたのために用意したアンティークたちよ・・・」

と、古物商にご案内して頂いた扉を開きますと、
そこには美しくデコレーションされたアンティークの数々。

どきどきを抑えて、ひとつひとつ手に取ってみる。

心を込めて、選び取って下さったお気持ちが嬉しくて、
「全て頂きます!」とお伝えできれば良いのでしょうが、
どうしても好みのズレは生じてしまい、
申し訳なく思いながらも、選ばせて頂きました♪

無の状態から生み出したはずのドレスが、
何故に、こんなにもドラマティックにデザインできたのかしら??

このドレスをデザインされたのは、女性なのかしら?
あるいは男性なのかしら?

最近は特に、繊細な男性の手仕事に出会うことが多いためか、
きっと男性が理想の女性を思いながらデザインされたのでは?

と勝手に想像しております^^

こんなに素敵なドレスを身に着けることができるドールは
幸せですね♪

一瞬でも、魔法をかけて頂いて、
このドレスに袖を通してみたいものです^^

後ろ姿も、とても魅力的なのですよ。

関連記事

  1. 1900年前後 フレンチミニョネット 12cm~maman決定していま…

  2. 存在が妖精に・・・1900年頃アルマン・マルセイ窯ミニョネット

  3. 暗闇に浮かび上がる…

  4. シャトーのウブダシ…

  5. ジュモーミニョネッ…

  6. ふたりは仲良し~英国1846年水彩画

  7. 理想のシェードは何…

  8. 夢なら覚めないで~フランス19世紀ドラマティックなお召し物 マティネ