エクリュ色シルク織物&刺繍 薔薇のブーケ&チュールオーガンジー細工のポシェット~1900年頃ベルギー

一瞬で心射止めるロマンティックなデザインのシルクポシェットは、エクリュ色の織物に薔薇の花束と刺繍が施され、桃色のシルクリボンがアクセントの乙女なポシェット。

広げますと、倍の大きさになり、全ての面に薔薇が浮かび上がるのです。

なんて可愛らしく、でも甘くなり過ぎないバランスは、如何にもスペシャルデザインの達人・ベルギー人の手仕事であることが窺えます。

このデザインも、薔薇たちの魅力を存分に引き出すために、チュール細工の下からそっと覗く薔薇たちも大切に考えられたフォルムなのでしょう。

内部もとても綺麗ですから、これからもずっと大切にご愛用頂けるポシェットです。

シルクのリボンはほろっとしておりますので、こちらにシルクリボンをつけなおして頂ければ、プティサックにもなりますね^^

実際にお手に取って頂けますと、その可愛らしさに、心きゅんとしてしまいます♪

関連記事

  1. 存在が妖精に・・・1900年頃アルマン・マルセイ窯ミニョネット

  2. 芸術品! 19世紀初期 ピラールの聖母~スペイン

  3. 19世紀 客室の天…

  4. 18世紀末フランス カテドラルのエレガント木製キャンドルスタンド

  5. 1900年前後 フレンチミニョネット 12cm~maman決定していま…

  6. 恋人たちの囁きと妖精のダンス フランスアンティーク

  7. 天邪鬼アンティーク…

  8. 19世紀フランスの遺産 ブルジョワの館よりゴブラン織りパーテーション