魔法のように秋色彩る美しい布~19世紀フランスアンティーク

夏もすっかり過ぎ去って、お家生活が益々愉しい季節になりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、秋が深まれば益々愉しい秋の夜長。 読書の秋、味覚の秋、ぬくぬく生活のための準備で 暮らしを整える計画、様々進行中です^^

大きな家具を季節ごとに取り替えるわけにはいきませんから、 手軽に簡単に、 そして大きく変化を楽しむにはファブリックやレースで変化を楽しみのが一番ですよね。

我が家の窓辺を彩るのは、アンティークのシルクやレースが好みですが 大判サイズの布ものは痛みが激しいものも多く ましてやシルクですもの。 裂けや痛みは現存する大判布でしたら、有るのが当然です。

繕って、繕って、大切に受け継がれた目の詰まったリネンやコットンも魅力的ですが、 シルクはどうしてもほろほろと崩れてしまいそうな布目が多く、 今回ご紹介しているような総シルクの織り布は滅多に出て参りません。

しかも、麗しいフレンチピンクに、花満ちたエレガント系ファブリックはブルーやジョンヌ、オランジュと様々なお色取り混ぜた花々が フランス色に染まります。

1800年代のエレガントシックな大判布は カーテンだったもの?あるいはお仕立て途中? 針でしつけされたままでした。

 貴重な19世紀のシルクで 更なる上質な暮らしを彩る秋、お愉しみ下さいませ。

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴ Chevalier Charmant Paris (シュヴァリエ・シャルマン・パリ店) Deco Belge(デコ・ベルジュ) web shop http://decobelge.com/ info@decobelge.com Marche Vernaison a Paris No’77 Allee4 99 rue des Rosiers 93400 Saint-Ouen ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

関連記事

  1. ベルギーの家クイズの答え&3つ・4つ目のクイズです~♪

  2. 布を操る魔術師~1900年代初頭フランスアンティーク カーテンタッセル…

  3. クリニャンクールはアメリカンドリーム?

  4. 世界で一番小さな町~ベルギー・デュルビュイ

  5. シルクハットが似合うムッシュウ

  6. 日本滞在記~まずはいつもの熱海

  7. ベルギー外出禁止令発令

  8. レースシャワー~パリのお店より