布を操る魔術師~1900年代初頭フランスアンティーク カーテンタッセル

リボンや布をロマンティックに操る魔術師・フランス人のアイディアに満ちた手仕事は

1900年代初頭に製作された見事なカーテンタッセルで、独創的なデザインに心惹かれます。

こちらハットスタンドは見かけたことはありましたが、

カーテンタッセルは初見!

非常に珍しいアイテムでもあります。

2点揃って状態も完璧です♪

こちらは、東京イベントにお持ちしますので、11月の東京で是非実際にお手に取ってご覧下さいね。

イベントは、東京 11/23,24の土日で、詳細は10月になりましたら、改めてアノンス致します。

申し訳ございませんが、詳細や価格、お取り置きご希望などは11/23,24の当日会場までお応えしておりませんので、イベントにいらした方への販売限定でご紹介致します。

とびきりアンティークをお探しの方に、ずっと大切にしたいコレクションとして、

勿論実用としてもお愉しみ頂けます。

関連記事

  1. パリの蚤の市~クリニャンクールの朝は遅い

  2. 花溢れるお店~パリ クリニャンクール

  3. 世界で一番小さな町~ベルギー・デュルビュイ

  4. クリニャンクールはアメリカンドリーム?

  5. パリのお店よりこんにちは^^

  6. 乙女の極み シルク布花モチーフの桃色シルク仕立てプティサック 1920…

  7. 休業前のクリニャンクール パリの蚤の市 フランス

  8. 時が止まったクリニャンクール