厩のある家 18世紀のベルギーの家

ベルギーの貴族やブルジョワは、
自宅に馬を飼って外出の足に使っていた時代の名残・・・厩のある家。
馬に乗って通れるほどの高さがある大きな扉がついた家は、
今はガレージとして使用している方が多く、
こちらの家も、嘗ての厩は物置場所。

20190717151948e6a.jpg

扉の漆黒のペイントが格好良く、
物置としては勿体無いので、
もっと違う活用の仕方があるのではないかしら??と思うのですが、
ベルギー人は、この厩を対して珍しいものではないと認識しているらしく、
上手に活用しているお宅に出会ったことが無いのです。

20190717152108013.jpg

足が馬だったというだけではなくて、
いくら階級の高い家だったとしても、
とって付けた様な台所にお風呂場・・・。
台所のど真ん中に、猫脚の浴槽が鎮座していたり。
まだ浴槽があるだけましかしら??
間取りに無理のある家がとても多いのです。
とても大きな家なのに、お風呂場の扉は半分までしか開かないとか、
扉があって、狭いトイレがあって、そしてお風呂場にたどりつく・・・。
つまりトイレを通らないとお風呂場にたどり着けないとか、
日常だったら、不便極まりないお家。
でも、外観はとっても素敵なのに・・・残念。
見学は無料ですし、家を探すという名目があるので
幾らでも見学して、沢山の家を見て、
ベルギーやフランスの歴史を紐解く、愉しいひととき。

20190717152506c9d.jpg

さりげない家の装飾と、美しい配色の家が日常に存在していること。
目に愉しく、想像豊かに
日々の暮らしを彩る景色に感心しながら、
今日もまた家の見学、楽しんでおりますよ。

20190717152240e36.jpg

いつの日か、私たちにとっての飛び切りの家に出会えますように♪
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
Chevalier Charmant Paris
(シュヴァリエ・シャルマン・パリ店)
Deco Belge(デコ・ベルジュ) web shop
http://decobelge.com/
info@decobelge.com
Marche Vernaison a Paris
No’77 Allee4
99 rue des Rosiers
93400 Saint-Ouen
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

関連記事

  1. 16世紀 お城と町の人々の暮らし

  2. ベルギーのアジアン…

  3. 教会レノヴァシオン…

  4. 元旦のご挨拶~ベルギーより

  5. ベルギーの家クイズの答え&3つ・4つ目のクイズです~♪

  6. 岩山の教会~カタル…

  7. 暮らしの中の小さな幸せ

  8. ゆったりと出発しま〜〜す^ ^