末路なき幸せな布~1700年代フランスのシルク織物

20190511151805f4f.jpg

思い出にぱちり。

20190511151900928.jpg

少しの間、お店の什器として
エレガントな空間を演出してくれたシルクの大判リドー。
多くの方の目に留めて頂き
求婚されていたのですが
お断りし続けて。。。

20190511152220705.jpg

寂しいけれど今日でお別れです。

201905111523090bc.jpg

とっても大きなサイズですが
裏面はほろほろで
ぽろぽろで。
でも接着芯を張って
形を変えて新たな息吹を吹き込んで頂くのですって^^

20190511151805f4f.jpg

18世紀のシルクも
形を変えて最後の最後まで慈しんで頂ける幸せ
噛み締めていることでしょう。
価値あるアンティークの末路というものは見えず、
いつまでも終わりなく続くのであります。

関連記事

  1. ベルギーBOCH窯 Dentelleレースと名づけられたロマンティック…

  2. 大きな瞳のミニョネ…

  3. Deco Belg…

  4. 3/19 東京国際…

  5. 18世紀末フランス カテドラルのエレガント木製キャンドルスタンド

  6. 19世紀 バレリー…

  7. 英国よ、暫しさよう…

  8. 本日3/19 東京…