恋人たちの囁きと妖精のダンス フランスアンティーク

今朝のベルギーはマイナス2度。
朝4時起きでローランのお弁当を作り、
日本から持ち込んだ象印の保温お弁当箱に詰め込んで、駅まで車で送っていきます。
寒い寒い〜〜
まるで東京駅みたいねと言った母。

季節によってお色も変わります。

帰宅しますと通年20度の我が家が
天国みたいです。
やはりお家は
いつも春の気分が、心も踊ります^ ^
そんな春気分にぴったりな
額装品は如何かしら?

水彩画と布のコラージュで仕立てられた
丁寧な手仕事で
配色は夢の世界。

それぞれの恋人達の囁きが
こっそり聞こえてきそうですね。

1920〜40年頃のフランスもの。
そしてこちらはアンティークLyon布の
額装品。

緻密で上質なシルク織り布の世界は
非常に珍しい妖精たちのダンスでお愉しみくださいませね。

まるで絵画の世界観を。
本日、ご用意しております✨

関連記事

  1. 巴里で出会った白釉カフェ・オ・レボル

  2. 劇レアアンティーク フランス ナポレオントロワ ガラスドーム

  3. カトリック教会の麗…

  4. 3/31まで日本発…

  5. クリニャンクール開店準備2通目

  6. フランス製ドールやヌ~ヌ~のためのプセット

  7. Chevalier Charmant paris クリニャンクール ヴ…

  8. 末路なき幸せな布~1700年代フランスのシルク織物