夢の如し お城の披露宴

夢、幻の如く過ぎ去ってしまったお城での披露宴。
宴に集うお客様さまたち皆様に
沢山祝福して頂いた幸せなひと時^ ^
ドイツ人の親友と
デコレーターの従姉妹にも手伝って頂いて
何から何まで、全て手作りの空間に。
お花のパーツを求めて、
ナプキンリング代わりにしてみたり。
様々な工夫とアイディア出し合いながら
デコレーション。
アンティークmannequinのお帽子は
実は布を剥がしたアバジュールの本体だったりして^ ^
ベルギー王室御用達のスペシャルなネクタイアレンジ。
ネクタイ曲がっているわよ〜〜と
友人たちが直そうとしてくれたけれど、
これで良いのですって^ ^
このフォルムに
縫い止められているのです。
普段はお堅い友人たちも
普段からふざけた両親たちも
帽子を被らされて笑っております^ ^
5時間、通しで演奏して下さった知り合いの生演奏は、あまりに素晴らしすぎて、
普段人前でダンスしない私まで
ついつい踊ってしまいました。
歌って、踊って、
沢山の笑顔が溢れて、
次回の宴はいつにしましょう?
と夢から醒めたくない皆さまの声^ ^
また1年後に開催しちゃう?
と真面目に思案してしまったりして^ ^
そういえば、
ドレス姿を自分で撮影していないので、
そのPhotoはまた別の機会に。
ふと見上げると、
美が散りばめられた空間。
樹齢600年の歴史と共に歩む
飾らないお城での宴は、
惜しまれながらも幕を閉じました。

関連記事

  1. 友人に学ぶお店作り

  2. ある日の夕べ~我が家のテラスで

  3. ベルギーの買い付け

  4. 教会レノヴァシオン…

  5. 理想の食卓~私の愛…

  6. 美術館と見間違うコ…

  7. ピカシエットゥのお…

  8. テラスでお仕事