英国のドゥアンヌ

英国旅の最初の関門。
カレー港に設置されたドゥアンヌは、結構厳しい。

今回の買い付けは、
仲良しドイツ人と彼女のベルギー人の旦那さまと私の3人
&彼女たちの愛犬モーリーも一緒。

今回、私の旦那さまが一緒でなかったので、
私は職員に執拗なほどに質問攻めされ、

「まさか英国に移住を企んでいるのでは??」
といった疑いの目で見られました・・・。

島国へ渡るときは、厳しいのは当たり前ですけれど・・・。

その後、今度は犬のパスポート検査がありまして、
毎回旅する度に、ベルギー人の獣医さんに書類を作成してもらい、
それをお渡しするのですが、
待っている間はどきどき。

もう何度も英国旅しているモーリーですが、
毎回ドゥアンヌに言われることが異なるようです。

今回は行きは何事もなく、すんなり通過できたのですが、
なんと帰り、つまり英国から出るドーヴァー港で
問題が起きました。

犬の関税を払えと・・・。
何故に出国するときに課税されるの??

と納得のいかない友人。
(友人フランス人曰く、犬のpipi/cacaお掃除料金でない??とのこと。違うと思うけど)

こういうとき、ドイツ人の本領が発動されるわけです・・・苦笑

相手は英語しか話さないドゥアンヌ職員。

しかも椅子にふんぞり返って、
あなたの言っていることはフランス語だから分からないと
鼻で笑ったのを見逃さなかった友人。

ここからは全てフランス語でしたが
静止する旦那さまと私を振り切って、

「あなたのそのふてぶてしい態度、気に入らないわ!
こんな小さな可愛い犬に、どうして出国するときに課税するのよ。
今までこんなに理不尽なこと言う職員は一人もいなかったわよ。
こんなちびに関税掛ける必要あるわけないでしょ。
あなたの顔、はたくわよ!!!」

最後の言葉は旦那さまに口を押さえられて
聞こえたのだか分かりません・・・。

旦那さまの、
「黙らないと刑務所行きだぞ!」

で、なんとか落着きました。とほほ

当の犬は、こんなやりとり、我関せず。

ドゥアンヌでは、毎回ごちゃごちゃと何かしら言われるわけですが、
こんなことにめげている場合ではありませぬ。

今日もこんなふうに、わんこと一緒に英国買い付けしている友人なのでございます^^


















































可愛いでしょ?




。 。.。:+* .。*゜+.*.。   ゜+..。*゜+*+:。.。 。.。:

ベルギー・フランスアンティークショップ
Deco Belge(デコ・ベルジュ)

http://decobelge.com/
Blog:http://blogs.yahoo.co.jp/decobelgeblog
info@decobelge.com

Deco Belgeは、暮らしを美しく彩るアンティーク・ブロカントを
毎週フランスから日本へダイ
レクトにお届けしております。
ウブダシ品もたっぷりございますので、
お宝探しに是非お立ち寄り下さいませね☆

。 。.。:+* .。*゜+.*.。   ゜+..。*゜+*+:。.。 。.。:

















関連記事

  1. 寒がり犬

  2. ピカシエットゥの家…

  3. ベルギーのリュミエール

  4. ノエルの頃に~流れ…

  5. 16世紀 お城と町の人々の暮らし

  6. もうすぐ16歳! マドレーヌのためのバリアフリー

  7. クイズ~! 私が持ち歩いているもの~bonnet poupée

  8. ある日の夕べ~我が家のテラスで