バカンスの旅~高山列車・モンブラン

今年のシャモニーは5泊6日で山小屋に滞在致しまして、
ベルギーからアジの干物や味醂漬けのお魚、納豆、海苔 などなど
勿論、炊飯器も持ち込んで連日和食三昧・・・

といきたかったのですが、
さすがに3食和食は難しいものがあり、
大抵昼食を町のレストランや、山のレストランでお食事致しました。

両親がベルギーに来るに当たって、
一番心配していたのがお食事だったこともあり、
胃に優しいお食事を日々心がけていたわけでございます。

ちなみに今回滞在した山小屋は、
トイレ・お風呂付の部屋が3部屋と吹きぬけのサロン、
ダイニングに独立したキッチン、
更に洗濯機や乾燥機、アイロンがけまでできる家事室のついた立派な山小屋で
比較的新しい建物だったのか、清潔感に溢れ
インテリアもセンス抜群で気持ちよく滞在できました^^

わんこたちも、我が家のように寛いでおりましたよ。

さて、5日間もあればシャモニーを網羅できる・・・
と思っていたのは甘かったです。

1週間では全く足りず、
あれもこれもまだやりたかった~と思うことが多く、
山好きさんでしたら1ヶ月は滞在しないと満足できないかもしれません。

さて、私たちが到着した日のこと。

今回はエギュイ・ミディからイタリア側にゴンドラに乗って
空中散歩を楽しみにしておりましたが、
ニュースを見てびっくり~!

なんと朝まで空中散歩どころか、
空中で一晩宙ぶらりんだったそうなのです。

明日はイタリアへ~~~

なんて暢気に楽しみにしていて、
ニュースを見て、ぞっとしました・・・冷汗

その日から、2週間程度、イタリア行きは運行しなくなりましたので
結局乗れなかったのが残念ですが、
真夜中にモンブランの前で宙ぶらりんだなんて
恐ろしい体験は避けたいものです。

しかも30人閉じ込められたと聞きましたが、
皆さん、おトイレはどうされたのでしょう??
私はそれが一番心配です。

さて、そのエギュイ・ドゥ・ミディからの昼間の美しい眺めはこちら。

















































こちら氷河。

私たちがどれだけ高いところにいるのかと言いますと
富士山の頂上よりも高いところです。

























エギュイ・ドゥ・ミディの上の展望台から
下の展望台を覗き込んだ眺めです。

高山病で気分が悪くなる人も多いので、
下の展望台の右下に沢山人がいるのは、
横になって休んでいたりできる場所があるからです。
<
font size="2">
息子も具合が悪くなって、休んでいた一人でした。


























私、実は高所恐怖症なのですが、
山の景色の美しさだけのために頑張ってここに来た感じ。

足、すくんでおります・・・。

ちなみに下の展望台から上の展望台を眺めていたときのこと。




































この聳え立つ建物あたりから
2人が飛び降りていきました・・・。

沢山の悲鳴が聞こえていたので、
てっきり自殺かと思いましたが
ウイングスーツフライングというムササビみたいな服を着て
まるで鳥になったように飛ぶ最新のスポーツなんです。

完全にイカレテいるとしか思えない超危険なスポーツで、
私たちが滞在していた週も
20歳のベルギー人が亡くなったそうです。

私には全く理解できないスポーツですが、
刺激って必要なんでしょうか・きっと。

危険なのは、こんな高い山に来たこと自体
危険なので人のことは言えませんけれど・・・。

望遠鏡で山を見ていると
岩にへばりついている人、
モンブランに登るためにテントを張っている人、
綱を持って1列に並んで崖を進んでいる人

はらはらしながらも、私も楽しんでおりました^^

そして、また別の日は登山列車に乗ってきました。

こちらが出発地点の駅です




































普通の電車で大したことない電車だと思っていたので
乗ってみてびっくり。

小さな電車が、えっこらえっこら頑張って山を登るのです。
























>
























山の中心に見えるラインが線路で、
ここを登ってきたのです!

























電車は3色あるらしく、青と緑と赤だそうです。


























きちんと整備をしていることを祈るのみ!

到着後は、帰りの電車を予約しないと乗れないことになっていますので
すぐに予約の列に並びます。

ほかの方たちを見ていましたら、
大体1時間後か2時間後の電車を予約していました。

ここは氷河が目の前に見えるスポットまで歩けるのですが、
両親が既にお疲れだったこともあり、
展望レストハウスを目指しました。

ふと足元を見ますと
ものすごくブサイクちゃんがぐ~すか寝ておりました。



































モンブランの目の前で優雅なお昼寝。

























お肉有りすぎて目が開けられないかも??
ブサイクちゃんこそ、可愛いかもしれません^^

ちなみにこちらの電車は
シャモニーからメール・ド・グラスの氷河を望むことができる
モンタンヴェール鉄道です。

シャモニーにお出かけの際は、是非ご予定に。
お勧めでございますよ☆



ルギー・フランスアンティークショップ
Deco Belge(デコ・ベルジュ)
 
Deco Belgeは、暮らしを美しく彩るアンティーク・ブロカントを
毎週フランスから日本へダイレクトにお届けしております。
ウブダシ品もたっぷりございますので、
お宝探しに是非お立ち寄り下さいませね☆









関連記事

  1. Chamonix …

  2. 幸運の重なり

  3. ブルターニュの旅~…

  4. 3月のChamonix~馬のトナカイさん

  5. ちょっと一息

  6. モン・サン・ミシェ…

  7. 夕焼けモンブラン~フランス*シャモニー

  8. ノワールの馬車~ヴ…