英国×フレンチアンティーク・メランジェデコレーション

思えばむか~し昔。

私が初めて自分のお小遣いで購入したアンティークは
代官山にある「マチルド・イン・ザ・ギャレット」の
クロモスが貼られた可愛いカード。

それまでも、アンティーク好きの母の影響で
アンティークフェアがありますと、
2人でそそくさと出かけていたので、
アンティークを自主的に好きだったのは、小学生くらいからだったのだと思います。

あれから35年ほどの月日が経ち、
世の中、フレンチアンティークに傾倒気味ですが、
ナポレオントロワの世界もヴィクトリアンの世界も
どちらも捨てがたい魅力^^

特にヴィクトリアンは、手の込んだ繊細な手仕事たちに抗うのは難しく、、
大人の甘さ薫るアイテムたちに心躍ります。

ここベルギーは、北フランスの港町・カレーに近いこともあり、
英国ものも結構見付かる地域ではあったものの、
やはり私の探しているデザインは、英国に行かねば見付かりませぬ。

今年は念願の英国買い付けが実現しましたので
これからも定期的に買い付けに出向きたいと
予定を詰め詰め。

さて、求めてきた英国ものとフレンチアンティークをメランジェして
乙女のベッドを作ってみましたが、いかがでしょう?







































もっともっとデコレーションしたいのですが、
あれもこれもで止まらなくなりますので
この辺りで^^

ベッドは、ただいまセットものをあれこれ思案中ですが
今週中には販売予定にしております。

こちらはフランスアンティークです。

エバンタイユみたいに見えるけれども
実は「お・ほ・ほ~」なアンティーク。

淑女ならではの、アイテムでございますね☆

大口開けて笑う、私のための必須アイテムとも云えますが
持って歩くのは大変ですので、私はお手手で十分です^^





ベルギー・フランスアンティークショップ
Deco Belge(デコ・ベルジュ)
 
Deco Belgeは、暮らしを美しく彩るアンティーク・ブロカントを
毎週フランスから日本へダイレクトにお届けしております。
ウブダシ品もたっぷりございますので、
お宝探しに是非お立ち寄り下さいませね☆








関連記事

  1. 言葉なんていらない…

  2. フランスアンティー…

  3. 1900年前後 フレンチミニョネット 12cm~maman決定していま…

  4. ミニョネット アルマンドゥ

  5. マリー・アントワネ…

  6. 扉の向こう側

  7. 激レア 桃色モシュリンヌのロココリボン 小箱

  8. ベルギーBOCH窯 Dentelleレースと名づけられたロマンティック…