ブリュッセル散歩

テロのために警備が厳しいはずのブリュッセルですが、
警官や兵士も思ったより少なくて、
街は既にノエル・デコレーションを施され、美しい街並が続きます。



































こちらグラン・プラスの巨大ツリー。
飾りつけは控えめなので、美しさはあまり感じませんでしたが、
ここはやはり建物が素晴らしい広場。













































工事が終わり、更に輝きを放つ宝石箱みたいな建物は
壁に飾られた包丁や樽、手押し車などの紋章がそれぞれの職業をあらわしていて、
それぞれに名前がつけられてギルドハウス。

世界で最も美しい広場と云われるベルギー人の誇りなのでございます。

観光客は少なく、いつもならごった返している広場も
今はのんびり散策可能です。













































一角にはキリスト誕生の馬小屋を再現。























見えづらいのですが、マリアさまたちの横には、
なんと本物のひつじ~~~!

寒いので小屋に納まっておりました^^























本物の羊が登場するなんて、心憎い演出です☆

グランプラスを通り過ぎて、いつも必ず立ち寄るクレープリーで
りんごのキャラメリゼと山盛りのシャンティを盛り付けて頂いて
デセールを愉しみました。

更にパッサージュへ。





























































































































































































普段はリルでお買いものするMEERTのガトー。

ブリュッセルではパッサージュの中でお買いものできます☆






















































ガラスの器の使い方の参考にいかが^^

































































色の組み合わせもとっても素敵です。

まだ危険がいっぱいのベルギーですが
少しずつ日常を取り戻しつつあり、
マルシェ・ド・ノエルの準備も着々と進んでおりました。

ブリュッセルに出向くのは、急用が無い限りまだ避けた方が良いと思いますが
私は所用も無事に済ませ、無事帰路につきました。




         ***ベルギー・フランスアンティークショップ***
                Deco Belgeでのお買い物はこちら
                  http://decobelge.com/







関連記事

  1. 英国ご飯の裏切り<…

  2. ベルギーの女系家族…

  3. ドーヴァー海峡渡航…

  4. ブリュッセルにて思う

  5. 住めばいつしか都

  6. 手巻きパイプオルガ…

  7. ベルギーのリュミエール

  8. 英国人おばあちゃま…