白の似合う人

20代の頃、黒の服ばかりを選んで
母に「あなたはカラスなの??」と突っ込まれておりましたが、
 
30代になり、とある人に言われた言葉。
 
「黒は難をかくす色、自分に自信がないと身につけるのよ。
例えばお肌とかスタイルとか・・・。
自分を磨いて白を身につけなさい。
肌が汚れていれば白だと目立ってしまうし、
スタイルが悪ければ白は膨張してみせる。
わかったわね?」
 
「は~~~い^^ わかりました師匠!」
 
厳しい~~~ご意見ですが、
このお言葉、実は私の馬術の恩師、
LEEや婦人画法で活躍していたモデルのMさんのお言葉。
 
美を追求する世界で今も活躍されている方なのですが、
こう断言されてから白の似合う人になることが私の目標となりました。
 
冬になると世の中のファッションはダークな色が主流になりますが、
冬こそ白を身につける・・・
私のワードローブは、寒い季節はベージュや白がメインになります。
 
その恩師とは、10歳以上年が離れておりますが、
馬術生活していたときには、八ヶ岳の麓・小淵沢に住んでおりましたので、
乗馬の訓練が終わるとドイツ人、フランス人を引き連れてみんなで温泉に。
 
彼女は当時現役で活躍していたモデルでしたので、
温泉にも籠に入れた山盛りの化粧品持参。
 
私の顔にもついでに高級なパックを塗りたくって、
美容のうんちくを講じておりました^^
 
身近に超美しい方がおられますと
刺激されますね~~~
単純です。
 
なぜ、急に白を思い出したかといいますと、
先日の蚤の市で、皆の服が見事にダーク・ノワール。
 
ヨーロッパの暗い秋が更に暗く感じて、
気分まで滅入りそう。
 
天邪鬼な私は、ベルギーでも天邪鬼を発揮して、
相変わらず白の服をせっせと身につけているのでございます。
 
といはいえ、黒の服も好きです♪
隠したい難、色々ありますからね~^^
 
おっとその前に、
最近くっきり浮き出てきたしみ、どうにかせねばなりませぬ。
 
あんなに気をつけていたのに、夏に帽子を被っていると、
ベルギー人、フランス人に突っ込まれておりましたので、
日焼け止めだけでどうにかしようと、
浅はかだった自分に悲しくなる今日この頃でございました。泣
 
さて、本日も更新して参りますので
是非Deco Belgeをご覧下さいませね。
 
Deco Belgeでお待ちしております^^
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
***Deco Belge(デコ・ベルジュ)***
ベルギー・フランスアンティークショップ
http://decobelge.com/
email:info@decobelge.com
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事

  1. ドーバー渡航中

  2. 閃きの積み重ね

  3. 厩のある家 18世紀のベルギーの家

  4. いたずらマーヤ♪

  5. 本物の劇場~パリ・…

  6. 暮らしの中のカトリック~ベルギー

  7. 2年ぶりのベルギー

  8. マリーアントワネッ…