サロン・ドゥ・シュバル~a Tournai

先日、我が街Tournaiで開催されておりましたサロン・ドゥ・シュバルに
行って参りました。
 
馬の売買から、馬のスペクタクル、馬グッズ販売、乗馬クラブ紹介と
馬好きには堪らない催しで、
フランスやベルギーの近隣の町では年に一度開催されております。
 
馬命の私も必ず抑えるほどに大好きな催しで、
毎年とっても楽しみ♪
 
それに大好きなオニールちゃんに会うことができるので、
それも嬉しいのです~。
 

 
馬房の扉を開けてもらって、しつこいほどに撫で撫で^^
もう嬉しくて連れて帰りたいくらいにカワユイ~!
 
黒くてよく分からないphotoですが、長~い鬣は目も隠れてしまうほどで、
腰に流れるラインも大変優雅なのです。
 
この子はスペインのアンダルシア馬。
 
あの有名なスペイン乗馬学校が所有するリピッツァは、
アンダルシア馬がルーツにもなっているのです。
 
リピッツァは高級すぎるので、アンダルシア馬が欲しい~~~!
 
 オニールちゃんに会えたことでほぼ満足。
 
そして彼女の馬術演技を見て、大満足。
ここに来た目的はほぼ達成いたしました^^
 

 

 
 
上のphotoはオニールちゃんが所属している乗馬クラブの演技。
 
どの子たちもとても大人しく、きっちりと調教されているので、
乗馬クラブオーナーの馬のセレクトの素晴らしさとこだわりが抜群のクラブだと思います。
 
他、フランス人によるアメリカンな演技のクラブなどありましたが、
「こういう下品な感じは嫌い・・・」と息子。
私も同感。
 
 

 
そして2頭立て+立ち乗りという珍しい演技もありました。
これは中々見られないアクションです。
 

 

 
かなりのスピードで駆け足しておりましたが、
2頭繋いでいなかったら、騎乗しているムッシューは足避け男になってしまいますね^^
 
迫力ある演技でとても愉しかったです。
 

 
 
この子はウエスタンで使用していた馬でしたが、
栗毛+シャンタン色にブロンドの鬣がとても綺麗でした。
ウェスタンでなく馬場馬術の方が演技が映えるのに・・・勿体無い。
 
撫で撫でしまくり~♪
 

 
生後間もない子馬も登場。
 
細いのぉ~~、この御足。
馬は足が命ですが、折れてしまいそうに細い・・・。
 
親子揃ってぼけ~っとしておりますね。
 

 
こちらはお耳の大きなロバさんです。
 
ロバといえば思いだすのは、
祖母が60歳過ぎてから一人で世界旅行に。
 
グランドキャニオンにもロバに乗って登ったとか・・・
かなりたくましい祖母でございました。
(ちなみに英語全く話せません 苦笑)
 
さてさて、馬に癒された数時間後には今度はスケートリンクへ。

 
クラブ選びがどうのこうのと言っておりましたが、
フランスのリンクで、あっけなくクラブ入部が決まり、
現在週に3日リンク通いが始まりました。
 
息子も私もまだ運転しておりませんので、
ローランと3人でリンク通いしております^^
 
というより、私は乗馬クラブ通いにシフトしたい~~~!
来年は絶対に私もクラブに入部しちゃいます。
 
今日も発送と買い付けの間にリンクに送っていって、
息子を拾って、更に買い付けに出かけますので
平日以上に時間管理しなくてはいけない週末ですが、
週末にも更新できたら良いわ・・・と思っておりますので
時々Deco Belgeをご覧になって下さいませね。
 
Deco Belgeでお待ちしております♪
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
Deco Belge(デコ・ベルジュ)***
ベルギー・フランスアンティークショップ
http://decobelge.com
info@decobelge.com
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
 
 
 
 
 

関連記事

  1. テラスでお仕事

  2. 脱走犯

  3. ベルギー式就職活動の手仕事~手仕事サンプル制作

  4. ベルギーの素敵な館…

  5. 昔むかしの首都の朝…

  6. 英国の古物店

  7. ある日の夕べ~我が家のテラスで

  8. ベルギーに戻ってお…